キングダム 第489話 『蔡沢の矜持』

キングダム 第489話 『蔡沢の矜持』のネタバレ

突如秦の都咸陽に現れた斉王王建と李牧。特に王建は唐突に秦王エイ政との会談を望み、会食のついでに東西大王会談が開始。
その会談で語られたものは、非公式ではあるが東端の難敵、大国斉が実質的な降伏宣言をし、その上で政がそれを受け入れたのであった。
六国制覇のうちの一つが達成できたのであった。
昌文君はその事実に椅子から崩れ落ちるのであった。

胸を強く握りその会談の様を微笑ましく見守る蔡沢。
政はその老齢の外交官に深々と謝礼をする。蔡沢はそれを微笑んで受けるが斉王は秦が変わらないことが前提であると太い釘を刺す。
姿勢が変わらないと判明するまで、斉は戦いを静観するとも言う。
政はそれでも十万単位の兵の命が救われたことに礼を言うのであった。

蔡沢は四代前から秦に仕える政治家である。宰相であったこともある。
斉王と異なる視点で夜を導く道を探す時代もあったと昔語り。
その道はないと思っていたが、先の呂不韋との舌戦の折、政はその道に「光」を与えたと。
その言葉に感動し、自分の長寿に感謝する蔡沢。
しかし同時に「実現できなければ稚児の戯言」と切って捨てる。
ついで、「中華統一」その最大の障壁を問う。

政は李牧の存在を挙げる。
蔡沢は同意するが次の言葉が出てこない。
斉王が何かに気付き、その言葉を続ける。李牧には黒羊の戦いでは敗戦したものの、まだ余裕があり、それを察知されないようにしているという。秦の想定以上に李牧は強い。そう最大限の警戒を促す。
政は今までの経緯を思い出す。王騎、ヒョウ公を討たれたことから李牧の実力は知っている。
それでも政は、李牧はこれから出ずる秦の大将軍達が必ず李牧の頸を取る、と啖呵を切る。

そこに政の自信と覚悟を感じ取った王建は本殿にて待つ李牧の下に向かうように促す。
その言葉に続け、あまり待たせると会談の重さを感づかれると急かす蔡沢。

その言葉に甘え、本殿に向かう政。その政に言葉をかけ、笑顔で武運を祈る蔡沢。
蔡沢の行動に、何か不思議なものを感じたが、そのエールを素直に受け会場に向かうのであった。

一人事情を知る王建は、蔡沢に慰労の言葉をかける。
…何とか、もったな、と。
蔡沢の言う通り、政が千年に一人の王と認めた上で、蔡沢の偉業をたたえた。
しかし返答はない。王権が近づくと、蔡沢はすでにこと切れていたのであった。
横に座り、小さな老齢の政治家の肩を抱き、慰労の言葉をかける王建。
小さな体はすでに冷たくなっていた。いつからこと切れていたのかはわからない。
自分が代わりに行く末を見守ると後事を託される王建であった。
剛成君蔡沢、ここに眠る。
>次は李牧との舌戦ですね。

それではまた