妖怪少女〜モンスガ〜 第117話 『みんなで一緒に…です♪』

妖怪少女〜モンスガ〜 第117話 『みんなで一緒に…です♪』のネタバレ

擬音語&擬態語コレクション

ぺっかー
>光り輝く九十輪の頭。後ろの肉丸も光っている。
 鶴妓に率いられる妖怪御一行様もこの地、秋葉総本殿にいた。
 当然鎌鼬の斬子もいて、ニアと再会を喜び合った。
 >そんなに長いことあっていない感じではないですけど。

鶴妓は髪を整えバッサリ切り、外見は変わっていたが、中身は変わっている様子はなかった。
八喜の左手の様子を察して言葉に詰まる鶴妓。
しかし、八喜の意志は強く、轆花を迎えに行くことに揺るぎはない。
自らも同行したいと願う鶴妓。だが、先日勝手に離れたことに後ろめたさを感じてもいる。
そんな鶴妓の想いを察してか、八喜は同行を願い出る。土地勘や経験から言って最適の人選との名目。
「一緒に強くなる」、八喜の願いはいたってシンプルである。
その願いの高潔さに、思いを一層強くする鶴妓であった。

ドキィッ
>九十輪の指摘に心臓が飛び上がるほど焦る鶴妓の図。
 明日の朝、浜松駅でと約束する鶴妓と八喜。
 見送る鶴妓のまなざしは恋する乙女、そのものであった。

宿に付けば、女4名男1名の大部屋に通される御一行。
>猫で宿代を浮かせなさい。

うあー うあー うあー
>DTの八喜がこの状況に慌てる音。

ドキ ドキ ドキ
>同じく未通女の李、あらぬ期待に胸を膨らませる。

食事は豪勢、浜名湖のウナギもおいしそうです。
きくすいていかなー?

露天風呂で姫瑠衣のごっついアプローチに気おされる李と京。
そこにコーヒーで酔っ払った姫瑠衣が乱入。ニアも一緒だが、今回のお色気担当ではないようです。

ぷるぷる
>ぼくわるいすらいむじゃないよー、姫瑠衣の小ぶりなバストが揺れる音だよー。
 コーヒーで酔っ払う設定を活かすなら、風呂に入れない設定をしましょう。

ぼんばぼよよーん
>李の豊乳の威圧音。姫瑠衣戦わずして戦意喪失。

もんぎゅ もんぎゅ ふよふよ たっぷたっぷ
>姫瑠衣の暴挙その1。李の豊乳を揉みしだいています。

はむっ ちゅーーー ちゅーーー
はぷっ ぢゅぢゅぢゅーー
>姫瑠衣と京の暴挙その2
 思いっきり吸ってます。吸いまくってます。年齢制限はどこかに捨ててきたんでしょうね。

青年誌とはいえ年齢制限のある漫画にあるまじきちゅぱ音を盛大にならす御一行。
まーお約束なので大きく突っ込む気もないですが。

メキメキメキメキ
バキバキッ
どばしゃーん
ざぱっ
ぬどどどーーーーん
>左から順に、微 美 豊 といったところですかね。
 お約束オブお約束、露天風呂でラッキースケベです。
 

それではまた