フェアリーテイル 第508話 【快楽と苦痛】

フェアリーテイル 第508話 【快楽と苦痛】のネタバレ

どうも真島先生は一年に数回マガジンが少年誌であることを忘れるらしく、今回はまさしくそんな回です。

表紙はルーシィの水かけ祭り。そのまま仏蘭西書院で出版できそうですね。

再生怪人の12が無力化したことに安堵するミネルバ他剣咬の虎メンバー。主力の12は健在とか言ってた経産婦もいましたが、再生怪人とナインハルトはノーカンなんでしょう。妖精の法律が自分たちに無効だったことに安堵するも、消耗戦を強いられる状況に危機感を募らせるローグであった。

裸族姉妹のユキノ・ソラノは単に敵が減ったことに喜ぶが、またも変な敵が登場。
その名はラーケイド。そりゃ戦争中に座禅組んで背中に十字架背負ってやってくれば怪しさ萬斎です。
しかし脳が天気な登場人物からは「神々しい」と。
神々しいには神々しいわけだが、どっちかというと愛染明王とかカーマとかエロースの類の神々しさです。
尤も愛染明王は軍神の側面も強いですが。
要はエロ神様だよ。

ラーケイドの魔法発動と同時に、身悶えるソラノ。メスの顔になるミネルバ。ローグも昏倒。その場では無事なのはユキノと猫ズのみ。メイビス率いる妖精の尻尾本隊でも異変は起こっていた。

ウォーレンを除いた大人が次々に昏倒。ラクサス、メイビス、ギルダーツまでが倒れ、なぜかカナは無事。

オーガストに対峙する魔女の罪の皆さんは全滅。なぜかオーガストのみが無事。

経産婦と対峙中の主要メンバー、エルザ、ウェンディ他ナツ御一行様。経産婦以外無効。
流石のゼレフも中止命令。味方にも被害が出ているとのこと。

…はい、お気づきですね。大人の階段上ったかどうかの判定魔法でした。
 快楽っていっても色々あるじゃんかよーと説教したくなる魔法でしたね。

ここで確定事項
今回のラーケイドの魔法で無事だった登場人物
ナツ御一行様…グレイとジュビアだけが意外、他順当。
エルザ…快楽に該当しない経験がありそうな気がします。
ウェンディ…無理があるじゃろ。
ユキノ…うーん…そういうもんかね。
ウォーレン…(´;ω;`)ウゥゥ
カナ…その前に相手を酔い潰しているので無効。
オーガスト…ある意味納得

無事でなかった人物(抜粋)
ラクサス…え?
メイビス…さすがのロリBBA
ミネルバ…いつよ?
寧ろガジル御一行様の動向を確認したいところです。

無謀にもラーケイドに立ち向かうユキノ。納得の触手凌辱展開一歩手前にカグラが乱入。
ろくでもない戦闘(本人たちはいたって真面目)が開始されそうです。

それではまた