キングダム 第495話 『相応の覚悟』

キングダム 第495話 『相応の覚悟』のネタバレ

法の番人、法の化け物、様々な異名を持つ李斯が王の面前に参上し、一波乱が起こる。
それもそのはず呂不韋陣営で最も暗躍し、政敵として政を追い詰めた男、政の陣営からは怨嗟の声が沸き起こる。同時に連れ出してきた昌文君も同様の批判を浴びるが、大王の許可はすでに得ていると。
それでも他の三人は許せても彼だけは許せないと大きな声が上がる。
更に李斯自身もそれに同意する。
しかし李斯は言葉を続ける。中華統一の話、統一後に制定される法について、どの話を含めても政の側近の手に負えるものではないと断言。このプロジェクトに着手できるのは韓非子や自分のみと豪語する。
>未来に生きている人なら何とかなるかもしれませんね。

そんな不満を口にする重臣を、大王政が一喝。
中華統一を謳う自分たちが国内の因縁を乗り越えなければなんとする、と。
秦国一丸となって立ち向かわなければ中華統一の宿願が崩れ去ると。
その言葉に平伏する重臣たち。
そこに入ってくる右丞相の昌平君と介億。介億は政の英断と昌文君の公平無私の態度をたたえる。
しかし、李斯はわずかに曇る昌平君の表情を読み取り、総軍司令の発言を促す。

ほぼいつもと変わらない表情、腹心の介億すら気付かない表情の陰りを読み取る李斯もすごいが、それに驚く暇もなく、昌文君は大王に人払いを要求。政はそれを飲み、二人きりでの密談となる。

初めての出来事に面食らう政。淡々と言葉を紡ぐ昌文君。
来年の趙への進行計画の件、李牧が陣頭指揮を執りだした趙西部からの攻略の糸口が見つからないとのこと。
そのまさかの発言に精は驚愕する。
黒羊が攻略拠点となるとなるはず、と詰め寄る政。しかし李牧の取った作戦は超西部に広範囲に複数の城を築き始めたと。より複雑な防衛網を構築しはじめたとのこと。
その状況であれば、長期戦は必須となる。
とても15年で統一ということにはならないと。

しかし正攻法では落とせないという昌平君の言葉の裏を読む政、他の方法があるのかと問えば、西部から攻めるのではなく、首都邯鄲ののど元、ギョウを黄河から強襲、無理な作戦ではあるがこうでもしなければ李牧を出し抜くことはできないと昌平君は語る。
同時に首都をいきなり攻めるということは危険も伴うことになる。つまり攻める側の犠牲もひと際大きくなると。敗れた場合全滅も可能性がある。その見返りとして三年で可能という。
相応の覚悟を、昌平君は政に迫るのであった。
>はい、無茶な行動始まりました。
 速さも武器でしたが、その分その後の支配に大問題が残りそうですね。

それではまた