キングダム 第496話 『激動の起こり』

キングダム 第496話 『激動の起こり』のネタバレ

始皇10年。黒羊の戦いに勝利した秦ではあるが内政面はロウアイの反乱から一歩前進したと言える。
呂不韋はロウアイ事件の関りから脱官し、雍で幽閉されていた太后は咸陽に戻された。
尚、王侯貴族が外国人排斥を目論見、逐客の令を発するが李斯に一喝され、事なきを得た。

そして灼熱の始皇11年の幕が開ける。
咸陽の一室、昌文君、昌平君、蒙毅、介億の四人でギョウ攻略の作戦を机上で練るが、一向に糸口が見つからない。合従軍に攻められたときは戦略がギリギリ間に合ったが、今回は策が浮かび上がることはなかった。

政は攻略の策が立たない限りギョウ攻めの号令が出ないと昌平君に告げる。

介億は蒙毅に今の問題を問えば、兵站と言う。
ギョウが前線のさらに奥にあるため、兵站をつなげるのが難しい。
昌平君は兵站をつなげない方向で話を進めようとする。
蒙毅はその危険性を語るが、昌平君はあえてその道を探ろうとする。

一方練兵以外の命令が出ない飛信隊、それどころか昌平君から連絡がこないことに河了貂は不審がる。
尚、弓隊を育成中の弓矢兄弟は教えるのが極端に下手だった模様。

そして冬が明け、咸陽の一室では徹夜の日々が続く。それでも例の四人が睡眠をむさぼることができたとき、盤上のギョウには兵の駒がすっぽりと入っていた。

秦、黒羊より東より20里、東部前線の先、蒙恬は築かれた城を発見する。
決して大きくないが軍で攻めなければ落ちることはない。李牧の築城の話を聞いていたものの、これでは趙西部が膠着状態になることは必須である。
偵察に出た蒙恬の楽華隊だが、早速気付かれ撤退を余儀なくされる。
しかしそこに伝令、蒙恬のみ咸陽へ帰還命令が出る。
同時期、魏方面に展開中の王賁隊にも、同様の伝令が出る。
そして練兵中の飛信隊。
此方は新兵が古参の兵を圧倒する事態が発生。しかし信の一撃でひっくり返される。
そこに同様の伝令が。こちらは隊長と河了貂に帰還命令が来る。

咸陽に帰還した信たちを迎えたのは蒙恬と王賁であった。そろったところで四人を呼びつけた丞相二人が苦虫をかみつぶした表情で迎えた。

その表情から蒙恬は嫌な予感がすることを隠さなかった。
>王賁は相変わらずな感じですね。


それではまた