キングダム 第498話 『大軍勢の緊張』

キングダム 第498話 『大軍勢の緊張』のネタバレ

周囲に鳴り響く軍靴の音。見渡す限りの大軍勢。その中にいる弓矢兄弟と飛信隊の新兵、完全に飲まれかけている新兵を、副長の楚水が声をかけ励ます。
古参の飛信隊は軍の規模の大きさを感慨深く見守る。合従軍以来の大規模な出陣であり、本営の気合の入れようがうかがえる。そこでこの大軍を率いる将軍は誰かという話に当然なるのである。
しかしその陣営は最古参の副長、渕にも知らされていなかった。信は今日まで明かせないとだけ語る珍しい態度。その態度から、いや、総司令に信と河了貂が呼び出されて以来の態度、今回の戦の緊張感だけがにじみ出るのであった。

その大軍勢の前に現れる総司令昌平君。第一声は趙西部に全軍で攻め込むということ。
>西部というのが肝なんでしょう。
絶対にひかず、必ず勝利するようにと大声で激励した。
>よく声通りますね。
そこで趙を攻める将軍の発表となる。
まず紹介されたのが桓騎将軍。その宣告に飛信隊は大いに落胆するも、黒羊を落とした功から将軍に収まるのは自然であるとの声もあった。

意外なことにもう一人の将軍がいるとの声もあった。
もう一人の将軍とは楊端和将軍、山の民の女王である。その声に信の兄貴分の壁は喜びの落馬をする。
そしてそのどよめきと同時に山の民の登場である。それぞれが異様な仮面をつける山の民は、純粋な秦人からは敵にしか見えないのであった。しかし、見知った顔に声をかけたものがいた。他ならない飛信隊の隊長、信である。信は昔なじみのバジオウ、タジフに声をかけ再会を喜び合った。バジオウはその信の審議に応え覚えたての平地の言葉をかけるのであった。

そこで二人の将軍がいるということに不信の声が上がる。桓騎と楊端和の二軍で打って出るということがそもそも不思議以外の何物でもない。その不審に答えたのは昌平君。これはそれぞれの軍の対象である者の紹介に過ぎず、全軍の総大将は他にいるという。そこで総大将の紹介となる。総大将は王センであった。

ここでこの戦の軍の全容が明らかになる。王セン、桓騎、楊端和の連合軍戦である。
>桓騎のあれを王セン将軍が何とかするんでしょうけど、ギョウに攻め込むのは誰になるんでしょうね。

それではまた