フェアリーテイル 第411話 【魚心あれば水心】

フェアリーテイル 第411話 【魚心あれば水心】の感想

妄想エルザの一言に何を言わせるか?
「この部屋練炭臭くない?」
「実は経産婦です。」
「実は男です。」
「私の乳が固くないわけなかろう?」
うん、色気のないセリフしか出てこない。

究極魔法メメント・モリを放った冥王の眼前には隕石が落ちたかのようなクレーターだけが残る。しかし、双竜やジェンマの身体は消滅せずに、そこにあり続ける。
しかし、クレーターの中心部、爆心地、グラウンドゼロの地面が蠢く。何か生きているものがいる証拠である。三白眼を丸くする冥王。その中心にいたのは、ナツを身を挺して守り、半身が異形の者と化したグレイの姿であった。
グレイの献身に息をのむナツ。それ以上に驚きを隠せないのが冥王である。究極(w)の魔法を半身悪魔化により防がれたことにより、絶対の自信が揺らぐ。
半死半生の状況で倒れこみながらグレイは言う。
「未来をつくる為に…
…オレにできることは
ナツを信じることだ」
友はそう残しその場に斃れる。名を呼ぶも反応はない。
一人残したことに焦り、エーテリアスフォームを再び纏い、吶喊してくる冥王。
対するナツも戦闘態勢をとる。
ファイナルラウンドの幕開けである。
>究極魔法www。アルテマぐらい出してほしいですね。

先ほどまで対峙していたものとは思えない拳、そしてその力に圧倒される冥王。
その力の源がドラゴンフォースであることを悟る。
>なんかそんなバンドあったなー
(ようつべ視聴中)〜うん明日買いに行こう。
>はい、ナツの最終戦闘形態ですよね。わかってます。

態勢が怯んだ冥王にナツは
「イグニール直伝 滅竜奥義 不知火型 紅蓮鳳凰劍」を発動する。
>突っ込みどころが多すぎて困ります(><)
 不知火型:相撲の土俵入りの型
 紅蓮…ここまでは許す
 鳳凰…ファ? こらドラゴン。
 劍……どう見ても頭突きです。
>ま、まあ、ピッコロ対悟空の決まり手も頭突きでしたし…

次藤君に吹っ飛ばされた森崎君よろしく、盛大に吹っ飛ばされた冥王、ナツにはもう力は残っていない。自由落下に身を任せるナツにつかみかかり、さらなる攻撃を加えようとする。
ナツは冥王のタフさに舌を巻きながら、グレイの反撃を信じる。
そして冥王は見るのだった。
瓦礫の中で、ゆっくりと立ち上がり、グレイが矢を放つのを。

グレイは氷魔零ノ破弓をアイスメイク。必殺の一撃を放つ。
その氷の矢は冥王の体をエーテリアスフォームごと貫き、冥王は絶体絶命となる。
ナツとグレイは視線を合わせ、事が成ったことに笑い合う。
冥王は斃れる間際、キョウカに念を送る。
そしてちょうどその瞬間は
キョウカが自らの命を削り、フェイスを発動させた瞬間でもあった。

今回のえろすぽいんと
表紙でボケることしか考えてないので、なし。

それではまた。