ダイヤのA 第412話「Glory」

ダイヤのA 第412話「Glory」の感想

〜あらすじパート〜
・秋季大会から5か月後
・3月15日、三年生OBの卒業式。
・無言でグラウンドに集まり、グラウンドを見上げる卒業生たち。
・万感の思いを込め、グラウンドと高校を去る卒業生を笑顔で見送る在校生。
・無声映画のような演出、しかし空気の読めない沢村のみ声が出る。
・沢村が声をかけたのは当然クリス。涙目で見送る。
・亮介は春市にグラブを譲る。

・更に数日後、甲子園に立つ薬師高校。
・その映像を背にし、東京都選抜をアメリカの高校とぶつける計画が浮上。
・その監督に稲城実業の国友にオファー
・3/27 大会5日目、宝明高校(九州代表)と青道高校(東京)の試合。
・率いるのは落合…と思ったらコーチのまま。
・神宮大会でも対戦した模様。
・尚注目はかつての「魂のエース」片岡監督。

・マウンドで快音を鳴らすのはエース降谷。
・その速度に肝を冷やす宝明高校。
・尚、シーズンオフに自分のスイングを見失った前園・樋笠はスタメン落ち。
・七回表? 裏?ツーアウトで、沢村栄純のがマウンドへ。
・いつものやり取りで緊張感をほぐす御幸と沢村。
・バックに振り返り、高野連真っ青の演説をいつも通り始める沢村。
・何をしでかすのかと思えば…「第一部完」でした。

〜感想パート〜
・どこからどう見ても埼○栄高校…。割と近いのでよく目にします。
・ちなみに○玉○高校の卒業式は3月5日だそうです。近県の私立高校の卒業式は1日ですね。
・やはり21世紀枠が適応されたんですね。薬師高校、甲子園出場おめでとうございます。
・アメリカ…ってこの話はどこへ進むんでしょう…。
・落合コーチ、明らかに出落ち要員です。片岡監督クビになったかと思いましたよ。
・落合コーチが求人誌を見ていた方がびっくりですけど。
・で、若菜お嬢さんの恋の行方はどうなったんでしょう?
・今回の一番の「?」はスコアボードの青道高校七回表の攻撃表示に、沢村が登板したことですね。きっと忙しかったんでしょう。
・何はともあれ、第一部お疲れ様でした。第二部も期待しています。

それではまた。