キングダム 第450話 『野盗の意地』

キングダム 第450話 『野盗の意地』のネタバレ

秦と趙、黒羊攻防戦の二手目。ゼノウ一家と雷土隊は趙の包囲を受け、後続の隊を打ち切られ絶体絶命の危機に陥る。
そんな中、雷土はゼノウに耳打ち、「火兎」を鳴らせと指示をする。
それこそが元野盗特有の知恵であり、桓騎軍の強さをあらわすものでもある。

「火兎」とは笛。その笛の不吉な音が戦場にこだまする。その音を聞いたゼノウ一家、雷土隊ともに、我先に逃げ出すのであった。この「火兎」の笛は野盗団だったころから使われた代物。意味は絶体絶命、完全包囲。この音を聞くと桓騎隊は全員脱兎のごとく逃げ出すのである。

その様は軍の退却とはあまりにかけ離れていたため、岳嬰も固まらずにはいられなかった。しかし、しばらくするとその無様さを嗤い、喜々として追撃に移るのであった。

本陣で「火兎」を聞く桓騎。副官はその音を苦々しく聞く。しかし雷土の判断の速さをほめたたえ、二体が壊滅することはないと予想。この予想は桓騎将軍のそれと同じだったらしく、桓騎はこう漏らした。
「なんだかんだであの逃げ方が一番多く助かる」と。

野盗時代、秦軍にすら捕まらなかった「逃げのプロ」による逃亡は、味方を一切気にしない「個」の逃げ。倒れた仲間も踏みつけ、その仲間を敵が攻撃している隙に逃げるやり方である。そしてその逃げっぷりは、岳嬰兵が目を疑うほどの速さであった。

岳嬰はその追撃の成果のなさに愕然とする。通常は殿を追えばその方向に首級があるとされる。しかし、将すら置き去りにして逃げるその方針は、いったん見失うともう追うことはできなくなっていた。

初日の戦闘が始まり、もうすでに日暮れとなっていた。なんとか逃げおおせた雷土は副官に悪態をつき、初日の失敗を確信していた。しかしそこにはゼノウの姿もあった。そしてその二人の目の前にあるのは中央丘、趙軍が要塞化を図っているまさにそこであった。

趙軍本陣から、岳嬰と慶舎の会談場所から、趙軍は目を見張る光景を目にする。
要塞しているはずの中央丘が炎に包まれているのである。
勿論、ゼノウと雷土の仕業である。

二人の矜持は、元野盗団の桓騎軍の矜持は
「どんなに下手うったとしても、絶対手ぶらじゃ帰らない」とのこと。
>テロリストVSゲリラ隊…どっちが強いんでしょうね。

それでは、また。