妖怪少女〜モンスガ〜 第75話 『いっちゃんと合体…です♪』

妖怪少女〜モンスガ〜 第75話 『いっちゃんと合体…です♪』のネタバレ

いちゑと合体した八喜。煙の中から出てきたのは…でっかいロボット八ちゃん…バッテンロボ丸…ロボっこビートン…そんな感じのロボット…いやいやいやいや今の20〜30代の人がわからんネタですよ、これ。

対面している城少年も相当驚いているが、一番驚いているのは合体した当の二人。
いちゑは合体したことにより霊子合体が召喚術の一種であることを悟る。現に自身の身体は傍らにある。また、合体による高揚感から、八喜の霊力と自身の妖力が乗算、力があふれ漲ることを実感する。

状況にテンパる八喜だが、励まし体と同様に動かさせ、いざ城少年に対峙する。
>こういうロボとは予測できませんでしたね。

一方、状況は若干好転したとはいえ戦闘力絶無の轆花と共にニ対二の不安な状況に焦るニア。見透かされたように梧桐の挑発を受けるニア。
しかし二万度のプラズマを銃そのものが生成するわけがない。とみるとそこには配線がある。思案するニアだが轆花は梧桐を挑発。股下に二万度のプラズマの至近弾を受ける。
>ここで無力化しないところが少年漫画ですね。

人形神を助けて轆花にしかできないことをしろと指示を出すニア。散開して轆花は人形神に、ニアは梧桐に向かう。プラズマ弾を避けながらニアは接近。その隙に人形神の救出を行う轆花。それを見て櫻子は轆花に向かうが梧桐が叱責。その隙に轆花は首を伸ばして櫻子を拘束する。
構わずニアを狙う梧桐、しかし自身の不覚を悟る。二人は同一射線上に…つまり打てば櫻子が的になる。その動揺を見逃すニアではない。背中の大きな荷物から伸びるケーブルを切断、反撃が始まるはずだった。

梧桐は巣のすれ違いざま、電磁ナックルでニアの腹部を攻撃。悶絶し倒れこむニア。
櫻子と轆花のバトルは、櫻子がホチキス攻撃で首を拘束、くすぐりで対抗する轆花。
見かねて電磁ナックルで轆花の顔を殴打する梧桐さん。
>この人登場作品を間違っていますね。

罪人のように壁に打ち付けられ、処刑の時を待つ三匹。神への祈りを勧める梧桐。挑発で返すニア。
>おお、下穿きが猫ではなくなっている。
 というか最近ふなつ先生、某K先生張りに下穿きの描き方こだわりを感じます。
 弟子入りでもしたんですかね。

処刑の直前、ニアだけでも助けたいとするニア。
そんな執行人に何かが投げつけられる。
柿だった。
その柿は梧桐に近づくにつれ、徐々に形を変え、実体化し、ハイキックを梧桐に、それをガードする梧桐。
やってきたのは柿男。その攻撃に梧桐も体勢を変え、敵に向かう。
>まぁ変態ですけどね。

それでは、また。