キングダム 第452話 『強襲の成否』

キングダム 第452話 『強襲の成否』のネタバレ

趙軍の真裏に回り込んだ羌カイ隊。羌カイは周囲の制止を振り払って趙軍に単騎奇襲をかける。
「こういう仕事」を千年も前から行ってきた一族の出身と誇り、踊るように、一人、乗り込んでいく。

劉冬軍と馬呈軍本陣の深く、小さな偶像を三つ祭壇にしつらえた台に供え、日課の祈りを行う劉冬。
何重にも張り巡らされた警戒網。背後を通り抜ける影に誰も気付かない。しかし違和感に気付く兵士もいる。振り向いても何もなし。影だけが深夜の陣を移動していく。

偶像に祈りを捧げる劉冬。その祈りは一日の行動を懺悔するようにも見えた。
劉冬はふと誰かの気配に気付き、声をかける。

偶像崇拝をめずらしがる声の主は、ゆっくりと自分に近づいてきた。
少し迷惑そうに答えると、声の主、羌カイは歌うように命をもらうと宣言した。
篝火を背にするその姿に劉冬は目を奪われた。

ここは分隊と言えどもここは趙軍本陣深く。しかも周囲は全く気付いていない。
剣を構え「仕事」にかかる羌カイに劉冬は声をかける。
妖の類と聞かれれば、少し話をする気になったのか、怪訝な表情で受け応える羌カイ。
偶像崇拝なぞしているからそんな風に見える、と皮肉で返す。
劉冬は偶像を「奮わせるもの」と置き、唐突に「命を賭して守るべきものはあるか?」と尋ねた。
更に怪訝そうに劉冬の表情を窺う羌カイ。
羌カイは「昔、唯一のものを失くした。今はまた別のものを持っている。」と返した。

劉冬は羌カイの名を言い当て、戦闘準備に入る。頭の整理をするために話かけたようであった。
しかし、自分も倒れられない理由があるとして、刀を抜き、篝火を刀で倒し、対決を開始する。
これは下の友軍に敵の襲来を知らせる合図でもあった。

刀を抜き劉冬に迫る羌カイ。常人ならざるその速度、常人ならざるその視力、しかし劉冬の篝火を落とした行動には二重の意味があることを知る。
劉冬のいたその直前に糸(おそらく鋼糸)が張り巡らされていた。驚き、済んでのところで体を翻す羌カイ。掠った喉にはわずかながら傷が残った。
その隙を見逃す劉冬ではない。刀を振り下ろし羌カイにとどめを刺さんとする。しかしさすがの羌カイ、体を回転させ致命傷を避ける。そのモーションを使い劉冬にもわずかながら傷を与えることに成功する。
揉み合いになり、劉冬の寝所である高台から下へたたき出される羌カイ。どちらも致命傷にはならなかった。
>羌カイが刀に毒を塗っている可能性があるため、どっちの勝ちとも言えませんが。

それでは、また。