妖怪少女〜モンスガ〜 第86話 『西からの嵐…です♪』

妖怪少女〜モンスガ〜 第86話 『西からの嵐…です♪』のネタバレ

サンボから出てくる二人…。もはやサンボは秋葉の観光スポットになりましたね…。食事はヨドバシと決めていますが。

ニアの一言を気に掛ける八喜。気にするなと言う轆花。自分もいちゑもそう思ったことはないと微笑みかける。
恋愛フラグ満載の処でマジカルライブの十八番くじの日を忘れていたことにショックを受ける八喜。もはや台無しです。
>まじかよ○○ライバー最低だな。轆花、殴っていいですよ?
 ほしけりゃ箱買いしなさい。もしくは三か月待ちなさい。中古屋に出ますよ?

三回のチャンスをかけ、くじを引く八喜。本人の望みに反してC賞が出る。
同じように奇声を上げてくじを引く女性がいる。こっちは望みに反してB賞が出た。

その女性にトレードを持ち掛け、互いに押しキャラフィギュアを手に入れるオタクの男女。
轆花とその女性はキャラ談義。オタクとしてファンの押しキャラをディスるのはいただけませんが、正味○○ライバーなら仕方ない。

GCUP本部では、件の女性、六徳寺鶴妓の話題で盛り上がっていた。
実績はGCUPの京都支部をほぼ壊滅させた妖怪使い…ってなかなかですね。
前回のGcupとのバト…戦闘、記録されていたらしく、仁村さんの言動も記録と。
そしてその記録は、数秒もたたずに仁村が地べたを這う姿だった。
因みにリーダー新谷君は最初から寝ていたらしい。
早速退治に名乗りを上げるA級Gハウンドの相良妹紅、スナイパーの傳法谷を伴って出陣する。

バイトが終わり、帰途に就く八喜。そこに声をかける轆花。轆花はカラオケの帰りと言う。
そこにぶつかるエロ漫画日和…、八喜に女性が激突。お約束のくんずほぐれつの構図。

擬音コレクション
「むぎゅぷりーん」
乳と尻の合わせ擬音。

その女性は昼間の、六徳寺さんでした。
慌てていた理由は追われていたから。そこに明らかマッチョのDQNが登場。近づいてみれば匂いから八喜は妖怪と判断。
よく見たら発火現象が起こっている。ならば容赦はしないと血を流し轆花と霊子合体を果たす八喜。
その光景に目を丸くする六徳寺。同じ能力を持つ二人が出会ったのであった。

それでは、また。