キングダム 第466話 『李牧級の男』

キングダム 第466話 『李牧級の男』のネタバレ

黒羊の戦い四日目、日中。上から紀彗隊、下から劉冬、馬呈隊の挟み撃ちに踏み止まる飛信隊。そこに本隊である慶舎の親衛隊が飛信隊を蹂躙し始める。信と我呂はその親衛隊の侵攻を止めるべく矛を振るい続ける。
我呂に後退の指示を出す信だが、我路は信も下がるべきと苦言。
その隙に飛信隊の前面は、慶舎の騎馬隊に分断され、飛信隊の中核、後方に迫る。

後方の河了貂は河了貂で多忙を極めていた。何と言っても復帰した劉冬が力を発揮。慶舎隊の突撃に合わせて、後方にいつの間にか包囲布陣を作っていたのであった。弱点になるべく穴は一つもない。一点突破で包囲の外に出るために、副長の楚水の処に兵を集めようとするが、そこには大斧を振りかざす馬呈の姿が。

馬呈の大斧は楚水を部下ごと吹き飛ばし(部下の身体は両断)、楚水は落馬。指揮不能状態になる。まさに劉冬と慶舎に挟まれた飛信隊は絶体絶命の状態となった。
>楚水副長、こんな役ばっかりですね。

しかしまさにその時、丘の中腹でも異変が起きていた。
桓騎軍最強の武力であるゼノウ一家が紀彗軍の布陣を爆走していたのであった。
>世紀末覇者の軍みたいですね。

紀彗軍はゼノウ一家に対して有効な対抗手段を持たず、好き放題させてしまったのだ。
歴戦の勇士の紀彗軍がそれを許した理由は、二つ。
一つはゼノウの圧倒的な武力。
もう一つは、ゼノウ一家は紀彗の布陣を斜めに横切ったからである。
つまりその動きはその場の紀彗を狙うものではなく、現場の兵などは理解不能な台風が通り過ぎたように感じたのではないだろうか?
当の紀彗さえも言葉を失ったが、その真の狙いに気付いたとき、戦慄を感じた。
そう、ゼノウ一家の狙いは、丘の下に出てしまった総大将慶舎にあったからだ。
その圧倒的な暴力で、慶舎隊に襲い掛かるゼノウ一家。

その報が金毛隊にもたらされたとき、金毛は李牧の助言を思い出していた。
自分でさえ実戦では慶舎を討つことは難しい。慶舎はアミの中で相手の失敗を待つタイプの将だからだ。
しかしそのアミから一歩でも出てしまった場合、慶舎とはいえ撃たれる可能性もある、と。
その言葉から推測が走る。三日目の戦局で桓騎が動かなかった理由は、慶舎の首を狙う仕掛けであったことを推測。
桓騎は元野盗と言えども、李牧級の戦術眼をもっていることに行きつくのであった。

急いで慶舎の下に走りたい金毛だが、それを許す桓騎隊ではない。摩論の軍が迫り金毛の行く手を遮るのであった。

慶舎の下にたどり着くゼノウ。絵面はどちらが正義だかわからない。

それでは、また。