キングダム 第472話 『狩人の落日』

キングダム 第472話 『狩人の落日』のネタバレ

黒羊の戦い、四日目、日中。慶舎本隊への攻撃を開始した飛信隊。届くか届かないかの瀬戸際で副長羌カイが帰還。更に隊長の信が王騎の背中を思い出し、自身の背中について来いと隊を奮起させ、追撃を開始。那貴や羌カイの奮闘もあり、慶舎の下に信がたどり着く。刃に持てるすべてを込め、慶舎と信の一騎打ちが始まる。

気魄と気合、全身全霊を込めた信の一撃が慶舎を襲う。多くの強敵を倒してきた信の一撃はそこまで軽くはない。しかしその一撃を難なく慶舎ははじき返す。その光景を飛信隊は信じられないものを見るような目で見守るのであった。
それもそのはず、信はその強さに納得する。自分たちが、王賁や蒙恬、そして自分が新六将を狙っているように、趙で三大天の席を狙う慶舎の刃が軽いわけがないと気持ちを新たにし、再度攻撃を開始する信。

河了貂は慶舎が大物であり、それを討ち取ることができれば最大級の武功になると周囲を震わせる。すでに信と慶舎の戦いは無双バトル級に展開。互いに譲らぬ一騎打ちである。
>それを黙って許す桓騎将軍でもない気もしますが…。

一方羌カイの戦場。こちらも羌カイが人外魔境を展開。襲い掛かる劉冬隊の猛者をほぼ一人で薙ぎ払うのであった。疲弊しながらも横たわる騎兵だったものの中、一人立つ羌カイ。それでも劉冬は一人立ち上がり、黒羊を抜かせまいとする。侵略者との誹りを侵略者ではなく、飛信隊と力強く返す羌カイ。まだ互いに目は死んでいない。

続く慶舎と信の一騎打ち。信の刃の重さを受ける慶舎。返す刀で信の頸を狙う。息詰まる展開であるが、早くも援軍が慶舎の救出に向かう。時はわずか、残された時間は少ない。
焦った信は気迫の一撃、その一撃は慶舎の肩口を縦に切り裂いた。
たまらず慶舎の部下が命を賭して慶舎を守りにくる。

慶舎の部下に阻まれ慶舎にとどめを刺せない信。新手は目の前まで来ている。
那貴は部下の呂敏に退路を作るように命令。

信は慶舎の部下を振りほどき、慶舎に向かうが、慶舎は刀を振りかぶり向かいくる。それを刃で受け、つばぜり合いに持ち込む信。
この期に及んで慶舎は信を観察している。随分前から信を見ているが、想定よりはるかに大きい成長を遂げ、自分より大きく見える。
その姿は大きく、自身に振り下ろされる刃をはねのけようとする慶舎は、その光景がひどくゆっくりしているように見えた。

信の刃は慶舎の肩口を深く食い込み、慶舎にとっての致命傷となった。
歓声に包まれる戦場。信が慶舎を討ち取ったのであった。


それではまた。